スマイスター評判

スマイスターの評判・口コミ

 スマイスターの評判は、サイトに行ってみると分かりますが、サイトが分かりやすいので、結構重宝した人が多い様です。
 特に、不動産売買実績データはスマイスター独自のサービスですので、査定依頼の際にチェックしておくと、過去10年間の貴方が売ろうとしている不動産がある地域で実際に売れた不動産の売買実績を分かりやすく知る事が出来ますので、実際に査定依頼をしながら見てみると良いでしょう。

 

このページの主な内容

 

 

スマイスターの口コミ

 

スマイスターは無料で相談にのってもらえます

 

 スマイスターに参画している不動産会社は、私がお願いした地域はすべて大手ばかりだったからか、売買の実績数も非常に多かったですし、売買に関するノウハウをしっかり持っている会社ばかりでしたので見積もりも信頼性が高いと感じました。
 また不動産売却に関する疑問点や質問等にも丁寧に答えてくれりフリーダイヤルの相談窓口もあるので初めての不動産売買の不安も相談に乗ってもらえるのも特筆すべきサービスだと思いました。
 拍子抜けするほど簡単に売却物件の査定額比較ができるので、自分が売却を検討している不動産の価値をプロの不動産業者がどう見ているのかが分かるのか分かるのが、スマイスター利用の最大の利点だと感じました。(東京都40代女性)

 

スマイスターで自宅で簡単に査定依頼!時間と労力の節約

 

 所有していた土地を売却しようと考えていた時にネットで土地の一括査定を利用できると知り、スマイスターを利用しました。
 スマイスターは、自分で実際に不動産業者を回るのと違い、自宅にいながら複数の不動産会社の査定額を比較できるのでかなり便利です。
 実際に一括査定を利用してみると不動産会社ごとに結構査定額が違っていたので驚きました。
 複数の会社の最低額を知ることでおおよその相場も知ることができるのでかなり勉強になりました。
 一社ごとにそれぞれ査定をお願いして査定額を調べると、手間も時間も掛かるので、スマイスターの方が簡単で、手間もかからないと思います。
 査定額の差は150万円程になりました(K県男性)

スマイスター公式サイト

↓↓↓

http://sumaistar.com/sell/

 

 

スマイスターは遠方の不動産査定にも最適!

 

 田舎の実家にいる父親が家の売却を検討していて、売却の際の相場を調べるように頼まれ、不動産売却一括査定サイトを検索していてスマイスターを見つけました。
 スマイスターは、なんとってもサイトの見やすさと査定終了までほとんど待たされないのかウリだと思います。
 査定依頼自体も拍子抜けするほど簡単なので、遠方の不動産業者を探す時などは重宝すると思います。
 査定依頼件数の多さも、スマイスターを使おうと思った理由で、経験豊富な会社の査定結果同士を照らし合わせた上で売却について判断を下せるのは安心感がありました。
 田舎の不動産の相場とかは自分ではよく分かっていなかったので、念のため地元で不動産をやっている友人の会社にも見積もりを依頼したところ、スマイスターで出た価格の平均値に極めて近い数字を得たため、信頼できるサイトだと思いました。 

 

スマイスターは中小から大手の業者まで簡単に査定依頼可能!

 

 

 スマイスターは、実際に査定依頼を行うまでがスムーズに行うことができますので、査定依頼が終わるまで本当に時間がかからない点が良かったです。
 最大で6社の不動産屋に査定してもらうことができるのですが、私が査定してもらったの大都市圏の不動産だったので、最大の6社にお願いする事が出来ました。
 スマイスターを使ったおかげで大手から中小の不動産まで簡単に査定をしてもらうことができました。
 スマイスターのおかげで不動産屋を回って見積書を出してもらう手間が省けました。
 査定額の相違はおよそ200万円程でした。

 

スマイスター公式サイト

↓↓↓

http://sumaistar.com/sell/

 

スマイスターの特徴

運用歴が古いスマイスター
 スマイスターは、不動産売却一括査定の中ではかなり有名なのですが、実際に運営履歴も古く、2006年からになりますので、安心感があります。

 不動産取引は多額のお金が動くので、安心感は重要な要素です。

 

 

大手から評判が良い会社が多いスマイスター
 スマイスターには、大手不動産会社をはじめ、各地域で不動産売却を得意とする会社や、不動産の売却活動を積極的におこなっている会社が参画していますので、貴方が売却を検討している不動産の仲介が得意な不動産業者がきっと見つかります。

 

スマイスターの登録業者選定
 スマイスターは、業者登録にも慎重で、参画する不動産会社には、スタッフが直接訪問して、宅地建物取引業免許番号の確認、対応しているエリアと種別のヒアリング、第三者機関による信用調査などを実施していますので、さらに安心感が増します。

 普通に自分で不動産業者を回ると、どうしても「誠実でない不動産業者に当たったらどうしよう」という危惧や不安を抱く人も多いと思いますが、スマイスターを使えば最初からふるいに掛けられた業者に査定依頼が出来ますので、かなり「誠実で無い業者」に当たる確率は低くなると言えるでしょう。

 

地方に強いスマイスター
 スマイスターは、大阪や福岡にもあり、地方でも質が高い不動産業者さんを探していますので、地方でも質が高い業者さんを紹介してもらえます。

 さらに、スマイスターでは現在不動産会社が参画していない地域で、お客様から不動産売却のご希望があった際は、対応できる会社をスタッフがお探しする取り組みをおこなっていますので、他の不動産一括査定サイトと比較しても、地方の方がメリットを享受出来る可能性は高いです。

 

マイスターで過去10年間の地域の売却実績をチェック

 スマイスターは、国土交通省が公開している「土地総合情報システム」のデータ独自に解析。
 グラフや表で分かりやすく過去10年間の売買実績を、市区町村や町名単位で、マンション、戸建てや土地等の用途ごとに、築年数、広さ、間取り、駅からの距離などから売買実績を調べることができます。

 

 

スマイスターは相談ダイヤル設置
  口コミにもありますように、スマイスターは初めての方でもご不明点等を相談できるお客様専用フリーダイヤル窓口の設置していますので、不動産取引に不安がある方にはおススメの不動産売却一括査定サイトです。

 

 

スマイスターの個人情報管理
 スマイスターは、個人情報や物件情報を徹底管理するプライバシーマーク取得企業が運営していますので、安心です。
 不動産の売買に特に個人的な事情が絡む場合には、やはり情報の漏えいなどが気になるものですが、この点でもスマイスターは安心感があります。

 

スマイスター公式サイト

↓↓↓↓↓↓

http://sumaistar.com/sell/

 

査定依頼する際の不動産業者の規模を考える

 スマイスターなどの不動産売却一括査定サイトを使うと、コマーシャルを出しているような超大手の不動産業者から、地元に密着した中小の不動産業者まで、色々な規模の不動産業者が出てきますが、地方の田舎はともかく、特に都内などでは沢山の不動産業者が出てきて迷ってしまいます。
 そこで、それぞれの規模の不動産業者の特色を挙げてみます。

 

大手の不動産業者のメリット

 CMに出て来るような大手の不動産業者は、その規模から多くの取引事例を多く持っていますし、今まで扱った顧客データの中から見込み客を探したりする事が出来ます。
 意外と「こんな不動産探しているんだけど、よろしくね」みたいな話もあったりするようです。
 また、メルマガ会員などを集めていたりして、物件情報をメルマガ等で配っていたりしますし、当然のことながら自社のHPも充実していますので、大手の不動産業者に依頼する事でこれから物件を探そうとする人達にも貴方の物件を見てもらう事を期待する事が出来ます。。

 

 さらに、大手の場合は取引の規模が大きいため、売り手や買い手を集めるための広告を沢山打つ事も出来ますし、チラシを作って配布するなどをマメにやっていたりします。
 新聞などに入っている折り込みの中に不動産業者さんからの広告で土地や家の物件がたくさん入っていたりしますよね。
 また、営業マンの質の点でも社員教育などをしっかりしている所を見つければ、一定程度以上の教育が行われていると推測は出来ます。
 もちろん、CMに出ている様な大手の場合は、それだけで安心感もあります。

 

地元重視で頑張っている中小の不動産業者に依頼するメリット

 中小で地元に根差して営業活動をやっている不動産業者は、いわゆる地域密着型ですので、大手の不動産業者が知らない地域独特の情報を持っていたりします。
 これは、例えば商店街の中の情報だったり、親の代からの付き合いがある地主さんや相続対策で不動産を何とかしようと思っている人がいたり、そうした細かい情報を持っている事があったりするのです。
 地元の商店街のおじさん達がお酒を飲んでいて情報をお互いに交換したりする事も有ったりしますので、地元特有の問題を把握している事も多いようです。
 また、不動産業者としての信用の点でも、転勤で地元からいなくなってしまう可能性もある営業マンが動いてくれる大手不動産業者と違って、地元で古くからやっている業者の場合は地元に生活の基盤があるので、シッカリとしたノウハウと信用をもって営業しているとも言えるでしょう。
 また、業者全体としては不動産取引自体はそれほど多くないかもしれませんが、地域の情報をもとに細かい動きをしてくれる事も期待できると思います。

 

 大手と中小ではこうした違いがあるので、査定依頼をするときには色々な不動産業者と付きあってみるのも良いと思います

 

スマイスターの悪評チェック

 スマイスターは、実際に使ってみても対応そのものは問合せした業者さんですから、業者さんの良しあしで評判が変わってきます。
 しかし、業者さんを自分で探すのと比べてスマイスターというフィルターがかかっていますから、おかしな業者さんに当たる確率は減ると思ってよいでしょう。
 また、イエイなどと比べると、登録業者が若干少なめに感じることも多いと思いますが、これも実際に自分が住んでいる地域で問合せしてみないと何とも言えません。もしかしたら自分が登録している地域に関しては登録業者が沢山あるという事もあり得ます。
 いずれにせよ、都市部ではかなりの業者さんが登録していますので、その中から十分に探せると思います。
 スマイスターは、買取や賃貸管理、任意売却などの選択肢もありますので、うまく使うとメリット大だと思います。

 

仲介手数料無料について考える

 不動産売却一括査定で査定依頼すると、なかには「仲介手数料無料」と言ってくる業者が有るとか無いとか・・。
 不動産業者は手数料で生活している訳ですし、物件の広告を出したりすれば必要経費が当然掛かります。
 それらをねん出したり、人件費などを考えたら、それらが無料になるというのは・・・どういう事でしょう。

 

 一般的には仲介手数料を?無料にする訳ですから、その分の料金は相手方(買主)から取りますよという話だと考えたりすると思いますが、それでは、広告を出して他の不動産業者さんが買い手を見つけてきてしまったらどういう事になるのでしょう?
 色々な考え方があるとおもいますが、不動産売買は、その金額の大きさから手数料もバカに出来ない金額になります。
 ですから、売り主側からみると手数料が無料になるのはとても有難い事に見えますが、果たしてどうなのでしょうか。
 広告をしっかりする事でより高く買ってもらえる可能性も出てくるのが不動産の世界。
 手数料を惜しんだばかりにより高く買ってもらえる可能性をなくしている可能性はないのでしょうか?
 不動産取引の場合は、数百万円単位で売買価格が変わってくる事も有り得ると思いますので、よく考えてみるのも大事だと思います。

 

敢えて中古マンションを買う?

 新築のマンションを買えるくらいの値段のマンションでも狙っている人が買っていたりしますが、これは何故でしょう。
 通常、せっかくマンションを買うのだったら中古よりも新築マンションを狙うと思うのですが、その訳はいくつか考えられます。

 

 中古マンションは、実は新築マンションにはないメリットがあるのです。
 例えば管理の問題。
 建って数年たったマンションであれば、既に管理がされている訳ですから、管理の状態を把握する事も出来るかもしれません。
 しかし、新築マンションの場合は想像するしかないですよね。

 

 あるいは、青田売りのマンションと新築マンションを比べてみると分かるように、新築マンションで青田売りの場合は、マンションの外観や周辺の景観なども含めて想像するしかありません。
 高層マンションの朝のマンションラッシュなどは想像するしかないですね。
 一方、中古マンションは既に建っていますから、想像ではなく実物を見てから手に入れる事が可能です。
 豪華なパースなどに惑わされる事もなく選ぶことが出来る訳です。

 

 管理については、管理費の問題やエントランスの清潔さ等々、新築マンションを買ったら想像する事しかできなかった部分を実際に見て買う事が出来るのは凄いと思いませんか?
 中古マンションを売りに出す側にとってもキチンと管理が行き届いているマンションであれば、この辺をアピールする事も可能かもしれません。

 

 もちろん、その他にもすぐに手に入るというのもあります。
 青田売りのマンションの場合、手に入るまでそれなりの期間を過ごさなければいけませんが、中古のマンションで既に退去済みの場合はすぐにでも手に入る可能性が有りますから、これは新婚ホヤホヤだったりすると結構需要があったりするのです。

 

 売る際には自分のマンションのアピールポイントをしっかりと考えておきたいところです。
 そういう意味でも、自分のマンションの売りになる部分を一緒に考えて販売戦略を練ってくれる不動産業者はありがたい存在になると思います。

 

 

売りにくいエリアの物件をどうやって売るのか

 一般的には、売りにくいエリアの物件を売る場合は、HPなどの広告媒体があまり有効でない事も有ると言われています。
 もちろん、これには理由があって、元々そのエリアに人が外から入って来ない事が多いので、そうなると、HPなどを使っても空振りする可能性もあるという話です。
 もちろん、全く効果が無いかといえば、遠くに離れていた人が地元に戻りたくなって見ている可能性もありますので、そんな事も無いのですけれど。
 そこでどうやって売りにくいエリアの物件の販売計画を立てるかというと、やはり地元重視で攻める事が多いようです。
 具体的な方法としては、地元の方が買おうと思っている可能性を考えて、地元のお客さんを探す事が出来るかがカギになります。
 売れていないという状況にもよりますが、少しは不動産が動いているなら、その動いている不動産取引をこちらに持ってくるという感じでしょうか。
 こうなってくると、やはり頼りになるのは地元の事をよく知っている不動産業者さんという事になるかもしれません。
 やはり、地元のお客さんを探すには、地域に根付いた不動産業者を味方につけたいところです。
 他からの人の入りが少ない地域が前提ですから、この傾向がより顕著になります。
 地元の住人に分かるようにチラシをシッカリと配布する必要があるかもしれません。
 ファミリータイプのマンションの場合は、小学校の学区が同じ地域をチェックして、その対象地域にポスティングをするなどの行動が求められるかもしれません。
 この辺も、しっかりと不動産業者さんに相談したいところです。

 

 

 

>※こちらに書いてある情報は個人的な見解を含みますので、個人の責任でご参照ください。また、なるべく更新して新しい情報を提供するようにしていますが、最新の情報はリンク先の公式サイトでお確かめください。

 

 

 

更新履歴